FC2ブログ

6月は岩魚酒でいかがですか?

高温多湿の日本の梅雨は不愉快きわまりない・・・と文句を言う前に雨を肴に楽しみましょう。
雨の日には雨の日ならではの楽しみがあるはずです。

岩魚酒とは、山深い清流に住むイワナ、アユなどの川魚のエラとワタを取り、焼き、大きい入れ物に温酒を注ぎます。
それは、一種スープのような味わいで、口当たりが良い。魚を焼く時に塩をふり、
お酒に若干の塩味をつけて飲むことが多いそうです。
岐阜県など中部地方にお住まいの方はやってみた方もいるかもしれませんね。
この飲み方、意外と有名なんですよ。

そして、焼き魚をそのまま使用する場合は一尾で2~3合の酒に風味を付けることができます。
その時に使用した魚は通常の焼き魚と同様に、醤油・塩などで好みの味付けを施し、
食すことができますので余すことなくお酒に、肴に。

6月は岩魚酒で来る夏に備えましょう。

岩魚酒
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント