日本酒豆知識

こんにちは。
6月=水無月・・・夏越の酒といい、
その昔は梅雨の悪霊を追い払う、みそぎの酒を飲む祭が
あったそうです。
そんなこの時期に味わう日本酒を、深酔いせず楽しむため
のアドバイスです。

それは、日本酒の合間に水をさす飲み方です。
といっても水で割るということではなく、
日本酒のグラスの横においしい水を用意して、
ときどき飲むということです。
深酔いを防ぐと同時に、日本酒をおいしく味わえます。
この夏はさわやかにお酒を楽しみましょう!

761ea98ade72018f8bb69fac3b72538f_s.jpg
スポンサーサイト

日本酒豆知識

こんにちは。

皆さまは日本酒の保存方法を知っていますか?
日本酒を保存する場合のポイントは、光(特に紫外線)と温度です。
光があたらず、低温で、温度変化のないことが大切です。
お酒の製造方法によっても変わってきますが、このようにして
貯蔵することにより熟成が進み、独特の味わいが付加されることも
期待できます。

ご家庭でお酒を保存する場合には、お酒を化粧箱に入れたままに
するか、新聞紙などで包んで光があたらないようにして、できる
だけ涼しく、温度変化がないところに置いてください。
常温に置いたからといって、たちまち劣化するというほど弱い
ものでは有りませんが、家の中で最も涼しく、温度の安定している
ところに置くようにして、できるだけ早く召し上がっていただく方が
よろしいかと思います。

これから気温も上がってきますが、上手に保存して
美味しい日本酒を楽しみましょう。

761ea98ade72018f8bb69fac3b72538f_s.jpg