日本酒豆知識

こんにちは。最近日に日に暑くなってきましたね。
そんな時におすすめな「にごり酒」のお話です。

「にごり酒」といえば、新酒の時期である冬を連想される方も多いと思いますが、
俳句では夏の季語なんです。
江戸時代中後期に、江戸の町で「甘酒売り」が、夏の風物詩になっていたそうです。
平安時代まで「にごり酒」は、体を温めるために主に冬に飲まれていたようですが、
江戸時代になると庶民のための夏の飲み物となりました。

にごり酒は、適度な甘みと爽やかな酸味は、夏のスタミナ料理、
焼肉やバーペキューなどをはじめ、香辛料のきいた料理との相性もとてもよく、
食欲を増進する食前酒として最適です。

この夏は是非にごり酒を食前酒にして、夏を楽しみましょう!

nigori.jpg
スポンサーサイト