FC2ブログ

新年明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

皆様にはいつも弊社「雪 鶴」をご愛顧いただき誠に有難うございます。
このたび来る1/8(水)~14日(火)の1週間にわたり西武百貨店池袋店地下1階お酒売り場にて「雪 鶴」の試飲宣伝販売会を行います。お運び頂きたくご案内申し上げます。
この度は例年通り搾りたての新酒をご用意いたしました。
ぜひともお試しいただきたくご案内申し上げます。
namasyu1.png
雪鶴 純米吟醸無ろ過生原酒
毎年の新酒の一番搾りのお酒。新潟産五百万石100%、
精米歩合58%、日本酒度+6、チョット辛めで旨味いっぱいの純米吟醸です。
1800ml 2,900円(税別)  720ml 1,450円(税別)

junmaidaiginjou1.png
越淡麗 純米大吟醸
新潟の新しい酒米「越淡麗」1000%使用、精米歩号50%の純米大吟醸。
おだやかな香りと熟成感のある落ち着いた旨味。やや辛口。
720ml 3,000円(税別)
スポンサーサイト



7月は竹菅の酒

いよいよ夏本番。
照りつける太陽が沈んだら、一息ついて
夜空を見上げてみていかがでしょう。
おり姫とひこ星を探しつつ、
冷えたお酒を酌み交わし、粋なひとときを。

竹菅の酒とは、もともと竹には霊妙な物質が宿る言われていました。
青竹の筒に清酒を入れ、水の流れにつけ、竹の香と冷たさを味わう。
野趣あふれる夏のお酒、得も言われぬ香味が最高です。

近くの川などでスイカを冷やすついでに、七夕に使った竹などで
竹菅の酒を味わってみるのはいかがでしょうか。

これからの夏本番に向けて、冷えた日本酒で乗り切りましょう。
20013013766.jpg

池袋西武にて雪鶴宣伝販売のお知らせ

download.jpg

こんにちは、いつも弊社「雪 鶴」をご愛顧頂き誠に有難うございます。

来る6/19日(水)~25日(火)の一週間にわたり、
西武百貨店池袋店地下1階お酒売り場にて「雪 鶴」の試飲宣伝販売を行います。
お中元、ご進物用の品等に適した品を揃えてお待ちしております。
お近くの方は是非、この機会にお立ち寄りくださいませ。

daiginjou1.png

雪鶴 大吟醸三年古酒
丁寧に手造りした最高級の大吟醸を、さらに瓶囲いにて三年以上低温熟成させた、大変贅沢で希少なお酒です。
720ml 5500円(税別)

雪鶴の生酒色々
大吟醸生原酒 720ml 2500円(税別)
55%純米吟醸生原酒 720ml 1600円(税別)
純米吟醸無濾過生 720ml 1450円(税別)
本醸造生原酒  720ml 1300円(税別)

6月は岩魚酒でいかがですか?

高温多湿の日本の梅雨は不愉快きわまりない・・・と文句を言う前に雨を肴に楽しみましょう。
雨の日には雨の日ならではの楽しみがあるはずです。

岩魚酒とは、山深い清流に住むイワナ、アユなどの川魚のエラとワタを取り、焼き、大きい入れ物に温酒を注ぎます。
それは、一種スープのような味わいで、口当たりが良い。魚を焼く時に塩をふり、
お酒に若干の塩味をつけて飲むことが多いそうです。
岐阜県など中部地方にお住まいの方はやってみた方もいるかもしれませんね。
この飲み方、意外と有名なんですよ。

そして、焼き魚をそのまま使用する場合は一尾で2~3合の酒に風味を付けることができます。
その時に使用した魚は通常の焼き魚と同様に、醤油・塩などで好みの味付けを施し、
食すことができますので余すことなくお酒に、肴に。

6月は岩魚酒で来る夏に備えましょう。

岩魚酒

端午の節句には菖蒲酒

「目には青葉、山郭公(ほととぎす)初松魚(はつがつを)」
と、緑が眩しい季節になりました。

五月晴れに鯉およぐ端午の節句。
天正19年聖武天皇、郡臣に菖蒲酒を賜うなり。

菖蒲酒とは、菖蒲の根をきざんで浸したお酒です。
ちなみに漢方では菖蒲根という芳香性健医薬と言われます。

端午(たんご)の節句は「菖蒲の節句」とも。
古来、午月(うまづき)にあたる五月は凶の月とされ、忌みつつしむべきとされていました。
月はじめの午の日である「端午」には、「菖蒲酒」を飲み、「菖蒲湯」につかり、
粽(ちまき)を食べれば、邪気が払われ、疫病が除かれるといわれていたそうです。

皆様もぜひ5月は菖蒲酒で。
日本酒をお楽しみ下さいませ。
74c9a1f3950a92d6dd506e819569fb1d_s.jpg