日本酒豆知識

こんにちは。
もうすぐ秋ですね。
みなさんは「秋上がり」という言葉を知っていますか?

「秋上がり」とは、寒造りで製造した清酒を貯蔵して夏を
越し、そして、秋になる頃にその酒質が向上していること
を表現した言葉です。
新酒特有のアラさがすっかり消えて丸みが出て、ほどよく
熟成した飲み頃の酒とされています。

「秋上がり」の酒を出荷することを前回紹介した「冷おろし」
と呼びます。
また、その逆で酒質が向上しなかった場合を「秋落ち」
といいます。

秋の味覚ととても相性抜群の日本酒です。
秋刀魚の塩焼きなんてすごく合うと思います。
みなさんも秋の味覚と秋上がりで、食欲の秋を
満喫してみてはいかがでしょうか?

da31e78b8289a72052ac79b6150991a3_s.jpg
スポンサーサイト

夏越し酒の美味しい飲み方

こんにちは。
そろそろひやおろしの時期がきましたね。
今回はひやおろしのおいしい飲み方をご紹介しようと思います。

ひやおろしが出回るのは9月~11月です。
いつごろ出荷されるかによっておいしい飲み方も変わってきます。
9月に出回るひやおろしは「夏越し酒」といいます。
夏を越し、涼風が吹きはじめた頃に出回るひやおろし、
苦味や渋みがやわらいでおり、粗さがとれ、濃醇ながら、
軽快さとまろやかさがあります。

冷や、常温、みぞれ酒がオススメです。
特にみぞれ酒(-10度~-15度)を冷やしたグラスなどに注ぐと、
シャーベット状のみぞれ酒ができます。
まだまだ暑いので、是非お試しください。

7d667613cf0d61434dc735b7540ac3d6_s.jpg

日本酒豆知識

こんにちは。
とても暑い季節がやってきましたね。

日本酒には温度ごとに呼び名があることを知っていますか?
冷たくした時の呼び名として、
「5℃=雪冷え」「10℃=花冷え」「15℃=涼冷え」
などがあります。

逆に日本酒を温かくした時の呼び名が
「30℃=日向燗」「35℃=人肌燗」「40℃=温燗」
「45℃=上燗」「50℃=熱燗」「55℃=飛び切り燗」
などがあります。

ちなみに15℃~30℃の間が『冷』と言われ、
いわゆる「常温」です。

この時期は特に脱水状態になりやすいので
必ず水を飲みながら脱水を防ぎ、
健康に楽しく夏の夜長を冷えた日本酒で楽しみましょう。

813639210e2918f9490b2892087c5950_s.jpg


暑い夏の日本酒の美味しい飲み方

こんにちは。
夏の暑い日に最適な飲み方を紹介しようと思います。

●オン・ザ・ロック
氷をいれて、冷たさ倍増の飲み方です。
ポイントは、大ぶりの、硬い、透明ないい氷を使うことです。
お酒もグラスも冷やしておくととても美味しいです。

●ソーダ割り
ソーダは炭酸の強いものがお勧めです。
蒸留酒と違い、醸造酒、日本酒はエキス分の多いお酒なので、
炭酸が弱いと爽快感も弱くなってしまいます。
レモンやゆずの皮を、カットしたものをグラスの
底に沈めておくと皿に風味豊かで美味しいです。

●みぞれ酒
冷凍庫で凍らせた日本酒です。
しゃりしゃりした食感は、まさにシャーベットのようです。
甘いものが好きな方は、ここにマーマレードをひとさじ
プラスすると、さわやかな味わいになります。

暑い夏に是非試してみてください。

5b9a59f7d74d0a689f28fdf788003bb8_s.jpg

宣伝販売のお知らせ

いつも弊社「雪鶴」をご愛顧頂き誠に有難うございます。
つきましては、来る6/21日(水)~27日(火)の一週間にわたり、
西武百貨店池袋店地下1階お酒売り場にて「雪鶴」の宣伝販売を行います。
ご都合よろしければお運び頂きたくご案内申し上げます。
ぜひともお試しいただきたくご案内申し上げます。
なお「お中元」「寒中見舞い」等、ご進物のご予約も承りますので、お気軽にお申しつけ下さい。

雪鶴 大吟醸三年古酒

全国新酒鑑評会用の為に丁寧に手造りした最高級の大吟醸を、さらに瓶(ビン)囲いにて三年以上
低温熟成させた、大変贅沢で希少なお酒です。

1800ml 12,000円(税別)  720ml 5,500円(税別)


雪鶴 本醸造ブラック

雪鶴の新商品。華やかな香り、軽やかな旨味、そして爽やかな後味。
優しい口当たりと鋭いキレで魅了する魔性の酒!

1800ml 2,130円(税別)  720ml 1,019円(税別)